【中学受験 タイプ別オススメ勉強方法】第4回 マイペースタイプ

Examination of Junior High school

【性格は人それぞれ 中学受験の勉強もそれぞれ】

人の性格は人それぞれで、まさに「十人十色」ですよね。
それぞれの性格に合った勉強方法や声掛けでなければ、
思わぬ逆効果を招いてしまうこともあります。

そこで、子どものタイプを
自信家、引っ込み思案、気分屋、マイペース、弱気という5つにマッピングし、
それぞれのオススメ勉強方法や志望校選びの手順についてシリーズでお伝えします。
とはいえ、性格も成長に従い少しずつ変わっていく場合もあります。
幼い頃は気分屋だったけど、受験期には変わっていることもあります。
それぞれのタイプの中間ということもあります。
子どもの性格については、毎日接している親がよく観察して、
対応を考えていただくのが一番です。

【第4回 マイペース思案タイプ】

コツコツと真面目に取り組むのが得意なマイペースタイプ。
周りを気にすることなく、自分のペースで中学受験の勉強も進めていきます。
どんな時にも焦る様子がないので、かえって親が焦るケースも。
中学受験を意識している子どもの中には、
志望校合格に向けて中学受験勉強に燃えている子どももいます。
そんな子ども達と比べて、自分の子どもはなんだかのんびりしていて
心配になってしまう親の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
真面目な反面、要領が悪い一面を併せ持つことも多いマイペースタイプです。

しかし、中学受験に一番強いのはこのタイプ。
中学受験が近づいてくると、受験する子どもたちもさすがにピリピリして、
体調を崩してしまう子どもも出てきます。
そんな中、マイペースを貫くことができるのは大きな強みです。

【マイペースタイプにオススメの中学受験勉強方法】

マイペースタイプにオススメする中学受験勉強のポイントは以下の2つです。

・少しだけ、課題の量を多めにする

マイペースタイプは自分のペースでこつこつ積み重ねることが得意です。
今できている課題から2割~3割ほど増やしても、きちんと取り組んでくれるはず。
また、周りと比べない強みの一方、
目標点数と自分の感覚が大きくずれてしまうこともあるので、
演習量や点数が平均を下回らないよう、いつも少し多めを心掛けましょう。

・正解したいレベルを設定する

わかりやすく説明すると、問題集やテストの問題を、
1.絶対に正解したい問題
2.なるべく正解したい問題
3.あとに回す問題
に振り分けていきます。
宿題などにはいくらでも時間をかけても問題ないのですが、
中学受験の試験時間は有限なので、問題の取捨選択も大切。
難易度の高い問題に、必要以上に時間をかけても無駄です。

模擬試験のテスト解説では、正答率の記載があるので活用しましょう。
たとえば、正答率90%の問題であれば、絶対に正解したいところです。
一方で、正答率が5%の問題を間違えたとしても、
気にしすぎる必要はありません。
事前に、正答率○%以上の問題は正解するという目標ラインを決めて、
テスト問題や問題集に印をつけてみましょう。
親子で話し合って決めていくのもいいですね。

また、テストが返ってきたら正解したい問題をチェックしてみます。
実際の得点と、正解したい問題の得点が一致していれば、
実力と子どもの正解したいラインが一致しているということ。
逆に、離れているのであれば、取るはずの点数に近づける努力を。

マイペースタイプは中学受験で自分の実力を発揮しやすい性格です。
とはいえ、いざテストや中学受験本番となると、
緊張して、自分のペースが乱れることもあるかもしれません。
模擬試験などをうまく活用して、入試でも普段のペースを保てるようにしましょう。

【マイペースタイプにオススメの中学受験目標設定と志望校選びのポイント】

マイペースタイプは、自分の実力と目標点が離れてしまいがちです。
模擬試験では、「毎回の偏差値が前回を上回る」ことを目標として、
着実に偏差値を上げていきましょう。

また、志望校は「自分の実力にぴったりレベルの学校」を選ぶとよいでしょう。
きっと着実に合格を勝ち取ってくれるはずです。

中学受験 駿台・浜学園への資料請求/問い合わせはこちらから