【中学受験 受験勉強】5つの大原則

Examination of Junior High school

【中学受験勉強を始めるにあたって守りたい5つの大原則】

子どもに中学受験をさせたいと思いたった時に、
まずはじめに何をさせたらいいのか、悩む親は多いでしょう。
また、中学受験を実際にするかは決めていないけど、
しっかり勉強させる習慣をつけたいと考えている方も多いと思います。

そのように中学受験の入り口に立っている親子に、
はじめに守ってほしい5つの大原則をお伝えします。

【1.スケジュールを2種類作る】

2種類のスケジュールというのは、
ウィークリーとデイリーの2種類の勉強スケジュールのことです。
まずは、大まかに親が率先して1週間分のスケジュールを立てます。
次に、毎日の勉強をする前に、その日の細かいスケジュールを子どもと共有します。
具体的に、どの教科のどの問題集の何番から何番で何分というように、
時間をきっちりと決めておくことが大切です。
子どもには、まだ難しいと思うので、親が促す形で進めてくださいね。

【2.決められた時間の範囲で勉強する】

1のスケジュール作りで、具体的に計画を立てたら、
それを的確に実行することを意識しましょう。

家庭で勉強する場合、最初は集中していても、
苦手な教科や難しい問題で、筆が進まなくなってしまいがちです。
時間を意識することで、難しい問題でもなんとか時間内に書く習慣がつきます。
この場合は、間違っていたとしても挑戦したことを褒めてあげてください。
なんとか答えを書こうとしたところが、本人にとってプラスに働いているはずです。
こうすることで、勉強の質を担保することができます。

【3.処理能力の向上と思考力を同時に育てる】

処理能力は、計算や漢字など正解を正しく弾き出す能力です。
一方、思考力とは、未知の問題に対して、
自分なりの答えを出そうとする能力です。
答えが分からなくても、間違えることを恐れず、
考え続ける力は、中学受験で必ず必要になってきます。

処理能力と思考力は相反する能力かもしれません。
処理能力を向上させるためには、ミスをしないために反復練習をします。
思考力を育てるためには、ある事象に対して、
自分なりの考えを広げることが必要になってくるので、
鍛える筋力が違うという風に表現できるかもしれません。

高学年では、処理能力を問われる問題にはミスをなくすということと、
思考力を問われる問題では、
難問でも少しでも食らいついて部分点だとしても獲得したいという粘り強さを鍛えるという、
二つの勉強法を両立させる必要があります。
これらを意識することで、実力の伸び方が劇的に変わっていきます。

高学年になると、機械的に処理すべきことはきちんとミスなく処理する、ということと、「難しくてできない気がするけれども、少しでも解き方を書いて部分点をもらおう」という答案を作れるような勉強方法を両立させていきましょう。これを意識してどちらの能力も伸ばすことで力のつき方が劇的に変わっていきます。

【4.教科ごとの得意単元の教科と弱点単元の補強】

弱点に目を向けすぎず補強して、
得意な単元を伸ばしていく努力をしましょう。
詳しくはこちらの記事をご参照ください。
⇒ニガテは克服しなくていい!?中学受験における弱点との向き合い方

【5.謙虚さを大切にする】

中学受験を通して、間違いを認めることはとても大切です。
間違いや自分の弱さを認めた上で、それを克服していく謙虚さが必要です。
人からのアドバイスをきちんと受け取れることも強みになるので、
まずは親がその姿勢を子どもに示していくことが第一歩かもしれません。

【まとめ】

こちらで解説したことは、中学受験に限らず、
大人になってからも必要な原則と言えるかもしれません。
子どものモチベーションを維持するために、
親が創意工夫してみるというスタンスで取り掛かってみてください。

中学受験 駿台・浜学園への資料請求/問い合わせはこちらから