【中学受験 子どもの気持ち】モチベーションを持続させるには?

Examination of Junior High school

【親が勉強させるのではなく、子どもが勉強する】

勉強しなさいとか、宿題はやったの?とか、
毎日口うるさく言っていたら、親も子どもも疲れてしまいます。
子どもが自分の意思で中学受験に向かってくれることが理想ですよね。

最難関中合格者の親にお話を伺うと、
受験する理由を明確にしていることが、
モチベーション維持のポイントがあるようです。

【「なぜ受験するのか」を親子で確認】

中学受験に挑むことは、どの子どもにとっても大変なものです。
長期間の勉強を乗り切って合格を掴むには、
最初に、「なぜ中学受験に挑戦するのか」「どんな中学校生活を送りたいか」を
明確にすることが大事だと思います。
どのようなコミュニケーションをされたのか、
お二人の体験談をお届けします。

兵庫県 2017年度合格者 男子ママ

母と子ども

我が家では、中学受験の勉強の目的は、
「長い目で見た学力を高めること、
つまり、深い洞察力や思考力を身につけ、創造性を高めることにある」といい続けました。
志望校に入学するということがゴールではないということです。

中学受験の本番が近づくにつれて、子どもは不合格を恐れて不安になります。
でも、合否ではなく長い目で見て自分の学力を伸ばすことに目的があるのであれば、
合否が判定されてしまうという不安は少し緩和されると思います。
将来は、勉強したことで世の中や人の役に立つことを意識させるようにしました。

中学、高校、大学と偏差値の高い学校に行くこと、さらに高い収入を得ること。
これは、自分が基準値を下げれば、努力を減らすことができます。
しでも、世の中や人の役に立つことは、自分で努力を減らすことはできません。
このようなやりがいが学習意欲にもつながります。
将来の話を時々することで、本人に自分の世の中での役割を見出してくれればよいと考えていました。

中学受験の塾には、行かせてよかったです。
塾の経験豊富な講師による講義はもちろん、
中学受験はペース配分が大切で、勉強を継続することが不可欠です。
日々の授業はもちろん、定期的なテストがあるので、
中学受験勉強のペースを保てたことが一番よかったです。

また、テスト結果で自分の成績を客観視できることで、
やる気をアップさせたりすることができました。
時には悔しい思いも経験したことが結果的に効果的だったと感じています。

さらに、家庭内の勉強では足りない、
講師や事務員といった第三者の立場からの客観的で冷静な意見もいただき、
親としても助けられ感謝しています。
本人も、塾の講師陣がフレンドリーで話しやすい環境だったこと、
同じ目標を持つ友達に出会えたことが良い思い出となりました。

兵庫県 2017年度合格者 女子ママ

母と子ども

中学受験は、誰の受験かというと、子どもの受験です。
ただ、子どもが親に中学受験しなさいと言われてするのは、親の受験になってしまいます。
本来あるべき姿は、子どもの意志で受験することです。

我が家では子どもたちが自らの意志で中学受験することを決めました。
中学受験の勉強やテクニックは塾で教えてくれますが、
勉強の目的や将来の夢を探せるようにしてあげるのは、
親の責任だと考えています。

我が家では絶対に中学受験をするべきという考えではなく、
子どもたちの夢を見つけた結果として、
「受験がしたい!受験するからには全国屈指の最難関校に行きたい!」
と、本人たちが決めたので、親として応援したという形です。
夢があれば、途中で投げ出すことはありません。

家庭で大切なことの二つ目は、環境作りです。
子どもが中学受験をするのには、家族全員の協力が不可欠です。
ゲームはもちろん、テレビを見ることもありませんでした。
家では、トイレ、入浴、食事、睡眠もしくは勉強とシンプルです。
勉強部屋ではなく、親の目が届くリビングで勉強机を設置しました。

どんな中学校を受験するかにもよりますが、
最難関の中学校に3人の子供が全員合格した結果を、
参考にしていただけたら幸いです。

中学受験 駿台・浜学園への資料請求/問い合わせはこちらから