【中学受験 子どもの気持ち】入試当日の緊張に打ち勝つ7つの方法

Examination of Junior High school

【どう乗り切る?中学受験の緊張】

中学入試本番が近づいてくると、
ラストスパートをかけつつも、少しずつ緊張感が高まってきます。
中学受験は人生で一度しかチャレンジできないので、
緊張するのは当たり前です。

でも、その緊張に負けて、頭が真っ白になってしまったり、
普段は絶対しないようなケアレスミスをしてしまったりというような
残念な事態は避けたいですよね。

ラストスパートの時期に読んでいただきたい、
入試当日の緊張に打ち勝つ7つの方法をお伝えします。

1.持ち物の点検

前日に準備するのは当然ですが、
当日の朝、持ち物を再度確認してください。
忘れ物がないのを確認することで、気持ちに少し余裕が出ます。
・受験票
・時計
・筆記用具
・うわばき
・ハンカチ
・ティッシュなど
学校ごとに持ち物が違うこともあるので、
きちんと親子で確認しながら点検しましょう。

一方、忘れ物をしたとしても、
そこで終わりではなく、だいたいにおいてなんとかなるということも伝えてあげてください。
何かを忘れたことに気づいたら、落ち着いて試験官に相談しましょう。

2.時間に余裕を持って行動する

中学受験は、雪が降ることもある季節です。
電車の遅延や交通渋滞など、ありとあらゆることを視野に入れて、
余裕を持って到着できるように計画しましょう。
慌てて滑り込んで動揺するのは、もったいないです。
集合時間の30分前を目安にしてみてください。

3.受験開始前1時間以内に甘いものを口に入れる

糖分によって脳の働きが良くなることは科学的に証明されています。
普段のテストの時からおまじない的に、
チョコレートや飴などの甘いものを
口に入れてから出かける習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

4.できる問題と難問の区別を先に

中学受験、入試開始と同時に、
必ず受験番号と氏名を記入しましょう。
次に、落ち着いて全問を確認し、
できる問題と難しそうな問題の区別をつけましょう。
そして、最も簡単だと思った問題から順に解いて、
時間を気にしながら、一つの問題に時間をかけすぎないように
解いていきましょう。

5.行き詰まったら発想の転換を

入試問題を順に解いていき、
行き詰まってしまったら、一度姿勢をピンと伸ばして深呼吸を。
改めて問題に取り掛かることで、解き方を変えてみるなど、
発想の転換を図りましょう。
どうしても煮詰まっていると感じたら、他の問題に目を向けて
再度解いてみるなど、自分で切り替えられるようにしておけるといいですね。

6.最後まで諦めずベストを尽くす

一つの問題ができなくても、次の問題に、
一つの教科ができなくても、次の教科に、
一生懸命取り組むことを忘れないでください。
試験が二日間にまたがる中学校を受験し、
1日目で失敗してしまったけれど、
腐ることなく2日目に力を尽くして合格した例も多々あります。
インフルエンザにかかってしまい、保健室で受験して合格した例もあります。
終了の合図があるまで、諦めずにベストを尽くしてください。

7.合格したいという強い気持ちを持つ

中学受験の入試で100点は必要ありません。
合格ラインを上回れば合格できます。
難問は他の子どもにも、同様に難しいので、
全く解かずに捨てても大丈夫。
正解できる問題に時間をかけて、
きっちり点数を稼いでおけば合格できます。
本番までに勉強してきたことに自信を持って、
絶対合格するぞという意気込みで、入試に挑みましょう。

この7つを踏まえたら、きっと本番当日力を発揮できます。
子どもと共有して、最後まで親子二人三脚で走り抜けてくださいね。

中学受験 駿台・浜学園への資料請求/問い合わせはこちらから