【中学受験 子どもの気持ち】苦手分野との向き合い方とは?

Examination of Junior High school

【苦手分野にはどう向き合う?】

中学受験をすると決めた場合、
子どもの苦手分野について、どう克服したらいいか
悩んでしまう親も多いでしょう。
一方、苦手分野の克服に長時間かけたり、
無理やり苦手分野だけにフォーカスすることが
解決策ではないということも覚えておいてください。

苦手分野に直面して悩んだ時に意識したい、
苦手分野との付き合い方をご紹介します。

【苦手分野に根気強く向き合う】

苦手分野ですぐに全問正解しようとして、
躍起になったり、テストの点数に振り回されていたら元も子もありません。
苦手分野では、少しでの成長が見られればOKと捉えてください。
程度の差はあれど、中学受験では苦手分野というのは誰でも持っています。
それは難関校に合格する子どもも同じです。

つまり、苦手分野で苦手を浮き彫りにして嫌な気持ちにさせるのではなく、
苦手分野でこそポジティブ思考で考えていくことが大切です。
少しでもよかったら、ものすごく褒める!というスタンスで、
親子で進んでいきましょう。

【苦手分野の勉強量をやや多めに設定する】

子どもは苦手分野の勉強は、少し遠ざけてしまうかもしれないので、
勉強のペース配分は親の力の見せ所として、
しっかり意識して確認してあげましょう。
苦手分野のせいで、中学受験勉強自体から離れたがっているという事態も起こるかもしれません。
そんな時は、いつも多めに苦手分野の勉強しているのだから、
今日はその分野は休んでOK!など、
親の適切なパワー配分があると、
子どもはまた気を取り直して、勉強に向かってくれるはずです。
中学受験勉強全体の話でもありますが、
軌道に乗っている時ががんばり時というのを念頭に置いて、
子どもに無理強いすることなく、中学受験を乗り切っていきたいところです。

【まとめ】

苦手分野にフォーカスしすぎて、得意分野まで足を引っ張られてしまうのは残念です。
得意分野はしっかり強化しながら、苦手分野の小さな成長を喜ぶというスタンスで。
そう思うことで、親子共々気が楽にもなります。
苦手が一つ二つあっても、大丈夫!と、前向きに過ごしましょう。