【中学受験 受験勉強】これだけは徹底したい塾の宿題のやり方 3原則

Examination of Junior High school

【塾の宿題に頭を悩ませていませんか?】

中学受験を決めたら、塾に通い始める人も多いことでしょう。
せっかく塾に通っているので、余すところなく塾を活用したいところ。
学習内容を最大限、記憶に定着させたいですよね。
塾の要素としては、大きく4つ「普段の授業」「学校別対策」「模擬テスト」「宿題」です。
今回は、「宿題」についてご説明します。

中学受験塾の宿題は、多かったり、難しかったりと、
苦戦する子どもも多いですが、
ここは親子で二人三脚で取り組むべきところ。
塾で習ったことをしっかり身につけるために大切な宿題です。
むしろ、家に帰って宿題をするところが本番という気持ちを持って、
宿題をする時は、以下の3原則を徹底してください。

【1.先週分と今週分「2回」解く】

記憶するということは簡単ではなく、反復することでだんだんと定着します。
最初に習った時に完璧に解けると思っても、
1週間後には解き方を忘れてしまうなんてこともよくあります。
ここで大切なのが塾の「宿題」です。
宿題に取り組む際に、できれば「先週の宿題」にトライしましょう。
その後に「今回の宿題」をするのがおすすめです。
量が多くなってしまうので、先週分はゼロから解かずに復習でも構いません。
反復することによって、記憶はより強固になります。
これをやるかやらないかで、大きく違うと思ってください。

【3.効率も重視する】

宿題を取り組む時に、習っていたはずでも分からない問題も出てくるはずです。
問題が高度になってくればくるほど、
満点解答するのは難しくなってくるのは当然です。

そのような場合には、時間をかけすぎないことに注意してください。
中学受験本番で、分からない問題でずっと止まってしまうのはリスクです。
時間をロスするだけして、解答できないのであれば、
他の問題を確実に正解する方がいい選択です。

宿題も同じで、時間をロスしないためにも分からない問題は、
どんなに難しくても10分以内を目安に、
それ以上は時間をかけずに見切りをつける訓練をしましょう。

ただ、見切りをつけるのは、分からないまま放っておくということではありません。
解説をきっちり読んで、自分を解けるようになるまで復習を繰り返しましょう。

【3.記録を取る】

中学受験や模擬テストは、当然ですが制限時間があるもの。
もし子どもに全問正解できる知識があっても、
制限時間をオーバーしてしまっては意味がありません。
60分以内に全て解けるということと、6時間かけて全て解けるというのは、
実力には大きな開きがあるということです。

宿題には制限時間はないのですが、
時間を気にしながら解くことは大切です。
宿題をやるノートには、必ず「時間」と「点数」を記録しましょう。
こうすることで、子どもも自然と時間を意識することができ、
宿題にも程よい緊張感を持って取り組むことができるはずです。

また、記録を取ることで、
数ヶ月後に同じ問題に取り組んだ時に、
確実にスピードアップして、正解率も上がっているという実感を得ることができます。
目に見える実績は、子どもの自信に直結します。

【まとめ】

宿題3原則は、どれも基本的なことです。
ただ、これを徹底している子どもとしていない子供では、
実力に大きな差が出てきます。
塾の宿題は、家庭学習の基本、ひいては中学受験の基盤となるものです。
大変だと思うことはあるかもしれませんが、親子でしっかりと乗り切りましょう。

中学受験 駿台・浜学園への資料請求/問い合わせはこちらから