【中学受験 受験勉強】入試で差がつく国語の語彙力

Examination of Junior High school

【語彙力で入試に差をつけよう】

中学受験 国語の単元は、大きく分けると「文章問題」と「語彙力問題」の二つです。
この記事では、「語彙力問題」の中でも漢字以外、
ことわざ・慣用句・故事成語について説明します。

【やみくもに暗記しない】

この分野では、その参考書を買ってきて覚えさせるなどの必要はありません。
塾の授業で頻出の範囲は大体カバーできるので、
塾で習ってきたことをその都度理解して記憶できれば充分です。

中学受験本番では、( )に言葉を入れて、
ことわざや古事成語を完成させなさいという問題が多く出ます。
表現については、正しく覚えておきましょう。
一方、意味を問う問題は、選択問題が多いので正確に覚える必要はなく、
意味がわかって入れば大丈夫です。

【派生して覚える】

ただ出てきたことわざや古事成語、慣用句をむやみやたらに覚えるよりも、
「同じ体の部位を使った慣用句」や、
「同じ動物が入っていることわざ」、「漢数字を使った慣用句」など、
関連するものをまとめて覚えておけると頭に入りやすいです。
辞書などで確認する時に、関連する用語を一緒に確認するといいでしょう。

語句は覚えてくると面白い分野ですし、
得点にしっかりとつなげていける分野です。
子どもが楽しく覚えられるように、クイズ感覚で問題を出すなど、
親が工夫してあげるのもいいでしょう。

中学受験 駿台・浜学園への資料請求/問い合わせはこちらから