【中学受験 受験勉強】低学年の国語 長文読解

Examination of Junior High school

【長文に慣れない低学年の子どもへの接し方】

中学受験の勉強とはいえ、低学年の子供がいきなり国語で長文を解くのは難しいものです。
時間になっても全然手をつけていなかったり、
ずっと文章を読んでいて全然解答しない子どもに対して、
どのように接したらいいのでしょうか。

【解答を文章の中から探し出す長文読解】

低学年の国語の長文問題は、抜き出して解答させる問題が多くあります。
つまり、答えが本文の中にあります。
隠れた宝物探しのようだねと、クイズ感覚で取り組めるように声掛けしましょう。
これは、他教科とは異なる特徴です。

問題文を読めば、どの辺りに答えがありそうかという見当はつけられますが、
すぐにピンポイントで探し出すのは難しいものです。
ある程度、答えのありそうな場所に目星をつけて、
それを探していくという手順です。
低学年の子どもには、この見当をつける、目星をつけるという勘所を
押さえられるようになってほしいものです。
もし、自分が見当をつけた場所に、
思い描いた通りの答えがないのであれば、それに似た答えを必ず書きましょう。

【長文読解は必ず答えを記入する】

国語の問題は、空欄で出すのが最ももったいないことです。
答え合わせで、解答を丸写ししても実力は身につきません。
難しくても、必ず答えは書くように促してください。
低学年の時点では、まず解答を全て書いたら、
それだけでも褒めてあげられるポイントです。

【間違っていてもポジティブな声掛けを】

答えを間違えていた場合、
見当をつけた場所が間違っていたのか、
見当をつけた場所は合っていたけど、抜き出し方が違ったのか、
など、論理的に説明してあげてください。

たとえ子どもが適当に書いて間違っていたとしても、
何か書くことで成長があると信じて、
「よく書いたね」と、声を掛けてください。
絶対に、「全然違うわよ」「これはダメ」など、
ネガティブな声は掛けないようにしましょう。

【まとめ】

長文読解は、暗記などと違って目に見えて実力が伸びるわけではありません。
低学年であればなおさらです。
親の方が気長に、解答を掛けたら褒めるの精神で、
着実に実力を伸ばしてあげましょう。

中学受験 駿台・浜学園への資料請求/問い合わせはこちらから