【中学受験 受験勉強】「答え合わせ」と「解き直し」は正確に!

Examination of Junior High school

【どう乗り切る?中学受験の緊張】

中学受験勉強の基本は、習った問題を反復して解いていくこと。
そして、その解いた問題を正確に答え合わせをすること。
最後に、間違った問題をやり直しすることです。

たくさん問題集を解いてはいても、
間違えたら間違えっぱなし、答え合わせが適当では、
できない問題ができないままになってしまいます。

問題集でできなかった問題を、
入試で確実に点数にしていくために、気をつけたいポイントをお伝えします。

【1.答え合わせは正確に!】

問題を解くのは一生懸命だけど、答え合わせは適当になってしまう子どもも多いです。
ただ、答え合わせはロボットになったつもりで、
正解は正解、間違いは間違いと厳格に判断しましょう。

惜しかったから三角ね!とか、
採点する親の独断でマイナス1点など、
温情でそう言ってあげたいところはありますが、
中学受験入試に、そのような温情はありません。
(部分点はありますが、それも基準が決まっているものです。)
誰が判断しても正解のものだけ、マルをつけてあげてください。

どんなに成績のいい子どもも、
解き方を間違えたり、ケアレスミスをすることはあります。
間違いとされるのを嫌がる子どももいますが、
そこをスルーするのは、みすみす点数を捨てているようなもの。
「最初の間違いは宝探し!やり直して次から正解しようね。」
と、声を掛けて、間違いを怖がらせないように気をつけましょう。

【2.間違いは消さない!残して修正】

間違いを直す時に、間違ってしまった答えを消しゴムで消して直す子どもも多いです。
小学校のテストでそのように指導されている場合もあります。
でも、中学受験勉強では、間違いは消さないで、
近くのスペースに赤で直すようにしましょう。

間違い直しは、間違えの原因探しと、次に同じミスをしないためのものです。
解き方が分かっていないのか、ケアレスミスなのか、
元々の答えを消してしまうと、原因もわからなくなってしまいます。

また、最初の答え合わせは赤で、
間違い直しの答え合わせは、赤以外の色(青色)でやりましょう。
どこが間違いなのか、間違い直しで正解したのかなど、
その答案で一目瞭然です。
青でさらに解き直していたら、テスト前に見直しておくべき問題です。
復習の効率アップにも繋がりますね。

【3.理解できるまでやり直す】

ケアレスミスの間違いであれば、間違えたところを気をつければ済むことです。
一方で、根本的なやり方が間違っていたり、
やり方が分からなくて間違ってしまった問題については、
授業のノートや問題集の解答の解説を読み直すなど、
しっかりと理解するように気をつけましょう。
答えを丸暗記しても、中学入試での対応力はつかないからです。
理解して自力で解けるようになるまで、何度もやり直しましょう。

【まとめ】

答え合わせや解き直しについて、気をつけていただきたいポイントを3点紹介しました。
これをやることで、確実に実力が伸びていきます。
1問を大切にする姿勢で親子で取り組んでいきましょう。

中学受験 駿台・浜学園への資料請求/問い合わせはこちらから