【中学受験 受験勉強】社会は暗記に頼らない!

Examination of Junior High school

【社会は暗記さえすればいい?】

社会科の塾講師が受ける質問の中で一番多いものが、
「暗記はどうやってすればいいですか?」
というものです。
国語は読解力をつけなければいけないし、
算数は範囲も量も多いし…と、
中学受験で教科ごとにクリアしなければいけない課題は山積。
親の中には、暗記さえすればいい社会は後からスタートして、
効率的に覚えればいいと思っていらっしゃる方もいます。

社会に限らず、覚えている知識が多いに越したことはありません。
中学入試本番で、知っていなければ答えられない問題があるのも事実です。
だからといって、出題範囲を闇雲に暗記すればいいというわけではありません。
頻出語句や人名を、繰り返し単語で覚えても、
すぐに忘れてしまい、記憶に定着することは難しいものです。

では、どうすれば効率的に社会の勉強ができるのでしょうか。

【流れを意識する】

社会という教科は、社会の動きを学ぶ科目です。
世界がどうなっていたのか、今どうなっているのか、
世の中の動きがどうなっているのか、
当然それらの出来事には、関係者がいたり、理由や原因があります。
それらの背景を意識して学び、
単語や人名を結びつけていくことで初めて知識となります。

地理では、工業地帯の勉強をした時に、
なぜこの地域で工業が盛んで、どんな産業と繋がっているのかということを考えてみます。
地図帳は必ず一緒に開き、地名が出てきたら場所を確認しましょう。

歴史では、時代ごとの大きな歴史の流れを確認し、
歴史上の事件や出来事の背景とその結果を知ることで、
ようやく流れを知ることができます。

手間に感じるかもしれませんが、
地理も歴史も流れを掴んでおくことで、
分断された単語の集まりでなく、知識となることを覚えておいてください。

【「暗記」ではなく「記憶」】

流れを意識した勉強の仕上げとして、
中学受験で使えるようになるには、
やはり覚えておくという作業は必要です。

その「覚える」の作業は、書いたり、表にしたり、声に出したりと色々ありますが、
塾で見ていて一番効率が良いと思われる方法は、「何度も書く」ことです。
社会を苦手としている子どもは、流れを理解していないか、
覚えようとしているけど、教科書を眺めている場合のどちらかです。
パワーがかかりますが、しっかり記憶に定着させて、
社会の実力をアップさせていただきましょう。

社会は、しっかりやればやるほど点数が取れる教科です。
努力がしっかり実力になるので、中学受験の得意科目にしていきましょう。

中学受験 駿台・浜学園への資料請求/問い合わせはこちらから