【中学受験 家庭の過ごし方】受験に役立つお片づけ方法5選

Examination of Junior High school

【お片づけで勉強のやる気もUP!】

整理収納アドバイザーで中学受験経験者のアドバイスを記事にしました。
これから中学受験に挑むご家庭で必ず役に立つはずです。

勉強しようと思ったら急に机の汚さが気になって、
片付けや整理に1時間以上費やしてしまったなんてことはないでしょうか。
これは大人も子どもも同じですよね。
勉強を始めようとしたら、
机の上にはごちゃごちゃと積まれた塾のテキストやプリントの山、
せっかく勉強を始めようと思った気持ちが少しダウンしてしまいますよね。
家庭学習を効率よく進めるなら、学習環境の整理整頓は必須です。
勉強効率や成績アップにも直結する大切なスキルです。

そこで今回は、家庭学習に役立つお片づけ方法5選をお届けします。

【1.塾から持ち帰ってきたプリントのファイリング】

持ち帰ってきたプリントはその日のうちにまず分類をルーティン化してください。
間違い直しが必要なものと不必要なものを分けるだけで、
次にやるべき家庭学習が明確になるので、探す手間がゼロになります。

・持ち帰ったプリントは、まずは親が確認
・テストは、専用の間違い直しファイルボックスへ
・お直しが出来たら、間違い直し済ボックスへ
・保護者向けプリントは、別場所で管理

【2.教科ごとのテキストを定位置で管理】

何がどこにあるか一目瞭然にしておくことで、すっと勉強を始められます。

・中学受験に必要な4教科(国語、算数、理科、社会)のファイルボックスを用意
・勉強のために座る場所から、すぐ取り出しやすいところに設置

【3.文房具は置く場所と数を決める】

何かがないだけで、探すことになったり、
いつも通りのペースで勉強ができなくなったりしてしまうので、文房具はきっちり管理を。
子どもが気に入ったものを選んであげるのもやる気アップに繋がります。

・すぐに取り出しやすいえんぴつ立てを使用
(100均にあるシンプルなペンスタンドが使いやすいです。)
・入れる文房具は厳選し、数も決めて置く
(えんぴつ/シャープペンシル5本、赤ペン1本、蛍光ペン2色、消しゴム2個、定規1本など)
・ストックの場所も決め、予備は常備
・キッチンタイマーも見える場所に置く

【4.全てのスケジュールをカレンダーに】

曜日によって塾が違ったり、夏期講習などのイレギュラーなスケジュール、
模擬テストや学校別テストがいつあるかなど、
本人がわかりやすい場所に、わかりやすく書いてあると意識付けにもなります。

・すぐ目につく位置にカレンダーを置く
・塾のテストやイベント日など、いつどこで何があるか、
 休みがいつかを分かりやすく記入する

【5.連絡事項の共有にホワイトボードを】

イレギュラーな日程が増えると親も混乱する時があるので、
ホワイトボードで子どもとその日のスケジュールを共有するのは有効でした。
自然と毎日やることを確認する習慣もつき、
心配になって口うるさく言うことも減ります。
応援メッセージを書いておくと子どもの喜びます。

・毎日の連絡事項をホワイトボードに記入
(100均にあるものでOK)
・当日の通塾スケジュールや家庭学習でやることなどを細かく

【まとめ】

学習環境が整うと、勉強したい気持ちが湧いてきます。
いつも気持ちよく家庭学習を始められるように整理整頓するのは、
親ができるサポートのうちの一つですよね。
できるところから取り入れてみてください。

中学受験 駿台・浜学園への資料請求/問い合わせはこちらから