【佐藤ママ流 中学受験】スマホとの付き合い方

Examination of Junior High school

【スマホやタブレットどう使う?】

今や当たり前のように身近にあるスマホやタブレット。
子どもへの渡し方を悩む親も多いと思います。
スマホに夢中になって、夜ふかししたり、
家庭学習を嫌がったりされては困りますよね。

浜学園が主催する佐藤ママ講演会より、
スマホについてのトピックスをご紹介します。

【スマホ・タブレットは親が完全管理 by 佐藤ママ】

スマートフォンやタブレットは大変便利なものです。
固有名詞や人物名などが分からない時に、
ネット検索したらすぐに答えにたどり着けますし、
子どもの一緒に調べるのも楽しいです。

一方で、友達とのSNSの繋がりや、見ても見てもキリがない動画サイト、
インターネット上でできるゲームなど、
中学受験をする子どもにとっては悪魔の誘惑のようなツールです。

息子たちの時代はガラケーでしたが、
4人目の娘は中学1年生くらいからスマホが一般的になってきました。
instagramやLine、Tiktokなど流行のSNSツールがどんどん出てきます。
10年経ったらまた別の、さらに発達しているものが出てくるのかもしれません。

うちでは、いずれなくなるかもしれないSNSツールに
時間をかけるのはもったいないと娘に話していました。
家に帰ってきたらすぐに電源を切って、カバンに入れる約束です。
調べ物や、ちょっと音楽が聴きたい時には、ママの携帯を使うことにしていました。
私の携帯には娘の友達からの連絡は入らないので、気も散りません。

スマホは悪魔のツールです。
なぜかというと、時間を大幅に消費するからです。
みなさんも、ちょっと天気をチェックしようかなと思って、
ニュースサイトを見た時に、芸能ニュースが飛び込んできて、
気になって読んでしまったらすぐに10分くらい経っていたという経験はありませんか?
その10分が積み重なったら、恐ろしいほど時間を無駄にしていることになります。

そういう意味で、スマホに関しては、
小学生は断固として持たせないほうがいいと考えています。
通塾する時の連絡手段として使うことはありますが、
それでも子ども用のケータイで、十分事が足りますよね。

スマホやタブレットに関しては、親が断固とした態度で接しなければいけません。
そのくらいしておかないと、恐ろしいです。
親が完璧に管理しておかないと、
親がいない時に子どもが際限なく見てしまうことになりかねません。

上の子ども達の頃はガラケーでしたが、
それでもメールはきていたので、
集めて、巾着袋に入れて私の車のトランクにしまっていました。
さすがに、車のトランクまでは取りに行きません。
そのくらいの断固とした態度が必要だと思います。

【まとめ】

講演会ごには、学校でもスマホの恐ろしさを教えるべきとおっしゃっていた佐藤ママ。
SNSで個人情報を特定されたり、誘拐事件が起きてしまったりと、
実際に起きている事件をもっと周知するべきですよねと。
今ではご家族の中での連絡ツールとして、楽しんでスマホを使っていらっしゃるそうです。
中学受験期間のスマホについては、親の姿勢が問われるところですね。

中学受験 駿台・浜学園 佐藤ママ講演会情報等はこちらから

ーーー佐藤 亮子様(佐藤ママ)ーーー

佐藤ママ

長男、次男、三男は灘中学に、
長女は洛南中学に中学受験で合格。
その後、3男1女全員が東大理科三類に合格。
中学受験では、4人全員を浜学園に10年間通わせたことから、
現在は浜学園、駿台・浜学園のアドバイザーを務める。
その育児法や教育に注目が集まり、
執筆や全国での講演、テレビ出演など引く手数多。