【中学受験 受験勉強】読書感想文が格段に書きやすくなる方法

Examination of Junior High school

【夏休みの読書感想文、毎年恐怖を感じてませんか?】

夏の風物詩とも言える読書感想文の宿題。
長期休みでじっくり本と向かい合えるのは、
中学受験でも必須の読解力を育てるいい機会です。

そうはいっても、読むことや書くことが苦手な子どもや、
いつまでも始めようとしない子どもを見ていると、
親の方が焦ってしまうということも多いですよね。

子どもは子どもで、原稿用紙の文字数に尻込みしていたり、
何からやっていいかわからないと戸惑っているうちに、
あっという間に夏休みも終わりかけというパターンも。

読書感想文を負担に感じている親子に、
読書感想文が格段に書きやすくなる方法を解説します。
早めに取り掛かり、楽しく書き上げられるといいですね。

【1:本選び】

読書感想文の指定がある場合は、そのリストを見ながら、
指定がない場合は、子どもと一緒に本屋や図書館で探しましょう。
ここでポイントなのは、良かれと思って親が率先して選ばないこと。
本選びは、必ず子どもが主導で興味のあるものを選んでください。

【2:印をつけながら本を読む】

本を選んだら、その本を読み進めていくのですが、
ただ読み流してしまうのではもったいないです。
印象的な場面に、付箋を貼りながら読んでいきましょう。

図書館で借りている本には線などは引けないので、
綺麗に剥がせる付箋はとても役立ちます。
悲しい気持ちになったのなら、ブルーの付箋、
嬉しい気持ちになったのなら、ピンクの付箋というように、
ルールを決めて色分けしても楽しいですよね。
付箋にペンで「?」マークや、「!」マークを書き込んでもいいですね。
買った本であれば、色鉛筆で丸をつけたり線を引いたりしてもいいでしょう。

一度読み終わったら、付箋や印の部分を読み直してみたり、
家族に向けてなぜ印をつけたか説明してもらったりしてみてください。
どこが印象に残ったのか、理由はなんなのかという感想文の全体構成が
ぼんやりとできてくるはずです。

【3:ブロックを区切り構成する】

いきなりタイトルや感想を原稿用紙に書き始めるのではなく、
その前に文章の構成を考えます。
「2」でつけた付箋や印がここで役立ちます。
付箋には、
・この場面で自分はこう感じた
という内容にまとめられます。
それに加え、
・読書感想文にこの本を選んだ理由
・簡単なあらすじやあらましの紹介
・本を読んでから変わった考え
・自分が感じた、作者が伝えたい思い
のような内容を、小さいメモに簡単にまとめてください。
この作業を終えると、メモに感想文の要素が書いてあることになります。

このメモを1ブロックとして考え、書く順番に並び替えてみましょう。
ゲーム感覚で、どんな並びにしたら伝えやすいかなど、
話し合いながらやってみてもいいですね。
ここでは字数などはまだ気にせずに、足りなかったとしても、
書きあげる時に増やせばいいだけの話です。

【4:あとは書くだけ】

「3」で組み立てた構成をもとに、
文章にしながら全体をつなげていきましょう。
ブロックの文章が短すぎると思ったら、ここで膨らませて書きましょう。
書き終わったら、必ず読み直すこと。
音読することで、主語と術後が合っていなかったり、
同じ表現を繰り返し使ってしまっていないかなど、
修正したいところが出てくるはずです。
それに気づくことができるのは素晴らしいことなので、
赤字で隣に修正するなどしながら、全体を仕上げていきましょう。

【5:仕上げは清書】

誤字や脱字に注意しながら、下書きを清書していきます。
完成したら、家族の前で発表会をするなど、
このプロジェクトをみんなで褒めてあげる機会を作ってあげてください。

いかがでしたか?
ご自身も読書感想文は大変だったという親もいるかもしれないのですが、
順を追ってやっていくと楽しいものです。
昨今では、子どもの活字離れが進み、読書量も減っていますが、
読書感想文は、本が楽しいということに気づくチャンスとも言えます。

ただただ、早く読みなさい!書きなさい!と急かすのではなく、
親子で読書を楽しむきっかけになるといいですね。