【中学受験 受験勉強】徹底的に基礎を固めるには?意識したい3つの方法

Examination of Junior High school

【中学受験は「基礎」があってこそ】

問題集の答え合わせやテストの答案を見ていて、
もしかして基礎がわかっていないかもしれないと不安になることはありませんか?
家庭で学習している時に、少しでも基礎に不安を覚えたらむしろチャンス。
中学受験では基礎ができていなければ、応用は解けません。
その部分はしっかり勉強し直して、がっちり基礎を固めましょう。
基礎固めで意識してもらいたい3つの方法を紹介します。

【1:基礎固めもスケジュールに落とす】

気づいたことをやみくもにやるのではなく、必ずスケジュールに落として。
一週間の教科配分や時間配分を作ったら、
その日ごとに基礎固めをやる時間もスケジューリングしましょう。
目につきやすいカレンダーやスケジュール表に書き込んで、壁に貼っておきましょう。

【こなせるスケジュールを作るには具体化】

ポイントは、この教科のこの問題集の何ページを何分かけてやるというところまで、
スケジュールにわかるように記入しましょう。
できた時は横線で消したり、丸で囲んだり終わったマークをつけて。
しっかりとできていることが視覚的にわかるようにしておくと、
日々積み重ねの達成感が得られ、モチベーションが続きます。

また、スケジュールができたかできていないかは、
必ず親がチェックしてからにしてください。
後で振り返った時に、このスケジュールを見れば
中学受験勉強の歴史がわかるくらいに作り込んでいくと、
受験当日に見返せば、大きな自身になるはずです。

【2:基礎固めはテキストを読む&再度解く】

漢字や理科・社会の基礎的な暗記をする場合は、正しい方法で反復を。
手順は以下の通りです。

・まずテキストをしっかり読む
・問題集などを解く
・間違いにチェックをする
・チェックがついた問題を再度テキストでチェックして正しい知識を覚える

この場合、実際に書きながら覚えるのがやはり一番定着しやすいようです。
また、このチェックがついて覚え直した問題は、
1週間後のスケジュールに組み込んで、再度テスト形式でやってみてください。

このやり方を繰り返していくと基礎はがっちりと固まってきます。
様々な問題集を手を替え品を替えてやってみるよりも、
一つの教材を徹底的に繰り返す方が基礎が身につきます。
できないからといって、焦って他の教材を買うと、
どれができてどれができないのかが把握しにくくなるので、
基礎的な問題は、テキスト一つを繰り返すということを覚えておいてください。

間違いチェックは親の仕事

子どもが問題集をやった後、間違えた部分をチェックするのは親の仕事です。
もしくは、一緒に解答を見ながらチェックするのでもOKです。
子どもに任せてしまうと、特に低学年の場合など、
正しいと思い込んでいる問題など、間違いを見落としてしまう可能性もあります。
高学年になれば間違いチェックも自分でもできるようになりますが、
毎回でなくても、親がチェックする姿勢は崩さないようにしましょう。

【3:算数の文章題の基礎固めは間違い直しで】

最後は、算数の文章題に特化した基礎固めについてです。
計算はできるけどど、難易度の低い問題なのに文章題ができないという
お悩みが寄せられることが多いです。

文章題は解説を読んだらなんとなくわかったような気持ちになることが多いです。
しかし、わかったような気持ちになるだけでは、
完全に理解していることとは違い、また同じ間違いをしてしまいます。

解説は読むと同時に必ず書く

間違い直しをする場合、最初は解説を読み、
解説に書いてあることをノートに書き写してください。
なぜ解説がこの解き方をしていて、どんな順でどう計算したのかなど、
書いてみるとその問題の解答の流れをしっかりと理解することができます。
「この問題はこうやって解くのか!」と、しっかりと腹に落とすことができます。

文章題の間違い直しに慣れてきたら、
解説を読んだ後に、解説を閉じてその解き方を再現してみる方法もいいでしょう。
間違い直しは、必ず赤鉛筆で解くことを忘れずに。

以上が、基礎固めでやってもらいたい3つの方法です。
これをしっかりと続けていくだけで、盤石な基礎ができます。
ぜひ毎日の勉強に取り入れてみてくださいね。

中学受験は駿台・浜学園:資料請求/問い合わせはこちらから