【中学受験 受験勉強】低学年の算数 最低限押さえたいポイント

Examination of Junior High school

【低学年の算数は高学年の成績に直結】

中学受験を検討していても、どのくらい勉強を徹底したらいいのかは少し迷うところ。
勉強、勉強とガミガミ言いすぎて勉強自体が嫌になってしまっては元も子もありません。
低学年の子どもは、日によって集中できたりできなかったりとムラがあるのも当然です。
今回はあくまでも楽しく身につけておくと、
高学年での成績に直結する算数の勉強についてご説明します。

【数は友達!という感覚を身につける】

低学年では特に学習の定着度を測るのは難しいです。
3年生ごろまでは、理屈がわかっていなくても算数はできてしまう子もいます。
親も、興味を持たせる程度の説明でよく、できなかったら叱るのではなく、
できたらOKというスタンスで、構えていてください。
4,5年生になると、しっかりと意味を理解できるようにので、
その辺りで本当の意味で単元が完成してれば大丈夫です。

低学年では、「数と仲良く」「数は友達!」という感覚で、
数を操作すると楽しいという意識を持たせてあげられるようになると効果的です。
数に慣れると、計算の工程がパッとひらめいたりします。
できた!の感覚を大切にしてあげることを念頭においてください。

【読めるノートを書く】

低学年では、先生が書いたことを読める字で書き写せたらOKです。
綺麗にノートを取ることにこだわりすぎて、叱ったりしないでください。
そのノートを見た時に、この時は何を習ったのかが本人がわかれば十分です。

【思考の過程を意識して解答する】

低学年までの問題では、わざわざ計算式を書かなくても
解答が出せる問題もあります。
ただ、暗算で計算ミスをするくらいなら、
低学年のうちに計算式を書かせる習慣をつけましょう。

書く練習をしておくことで、
高学年になってから出てくる論理的な組み立てが必要な応用問題も、
しっかりと思考の過程を意識して、解いていくことができます。

例えば、4年生ごろに中学受験塾で出てくるつるかめ算などは、
計算の過程が必ず必要になってくる問題です。
このタイプの問題は、しっかりと理解しておくことで、
計算問題の数問分にも匹敵する点数獲得ポイントになります。
ですが、パターンを暗記しておくだけだと、応用問題ができません。
難問に出会った時に、思考の過程を意識してきたかどうかで実力の差が出ます。

【間違い直しを正しくやる習慣を身につける】

問題集などをやった時に、
間違えた問題を解き直して、できたらOKと判断していませんか?
それをやる前に、必ず最初に解いた問題がなぜ間違えたのかを振り返ってください。
子どもと一緒に、どこをどうしたから間違えたのかを分析しましょう。

これは、間違えた理由を本人がしっかり理解できるので、
次に同じ間違いをする確率が格段に減ります。
もちろんこの習慣は、高学年になってからもとても大切な習慣です。

【まとめ】

低学年ではあくまでも「楽しく!」が一番です。
親が率先して、子どもが算数を楽しめる雰囲気を作るところから始めてください。

↓こちらも一緒にお読みください↓
【中学受験 教科攻略】理科を得意にする3つの習慣

中学受験は駿台・浜学園:資料請求/問い合わせはこちらから