【佐藤ママ流 中学受験】4人全員を同じ塾に通わせた理由2-テキスト

Examination of Junior High school

【佐藤ママの塾選び!4人同じ塾に通わせた理由】

長男・次男・三男・長女と子ども4人全員を 東京大学理科三類に合格させたママとして有名な佐藤亮子氏。
「佐藤ママ」として、TV番組や講演などにも引っ張りだこ、 数々のメディアでもその経験や教育方法を公開されています。
圧倒的なリサーチ力と実行力、効率最優先のメソッド、 子どもへの愛情と伴走で子ども達を灘や東大理科三類への合格に導いた佐藤ママ。 ぜひそのメソッドを取り入れたいと考えられる家庭も多いのではないでしょうか。 駿台・浜学園のアドバイザーをしている佐藤ママが、 子ども4人全員を「進学教室 浜学園」に通わせた理由をインタビューしました。 全6回でお届けします。

佐藤ママ
中学受験塾選びも徹底的なリサーチを

【決めた理由の一つは「圧倒的なテキスト」】

浜学園のテキストについてどう思われましたか?

テキストは、全教科とてもよかったです。特訓講義は、量の多さに驚きましたが、量は必要ですよね。いい問題をピックアップして効率よくやろうという気持ちでは、中学受験は乗り切れないと思います。子どもはある時に劇的に伸びる時があります。そうなった時に効率よく勉強できるように階段を用意しておかなければいけません。そのために良質なテキストは必須だと思いますし、浜学園のテキストには満足しています。

各教科ごとのテキストのどこがよかったのか、また判断したポイントを教えてください?

■算数
計算問題のレベルの上げ方がいいです。計算はただ量をやればいいというものではないので、色々な問題がシャッフルされているものではなく、段階的にレベルを上げていくものがいいと思います。浜学園のテキストは、厳選した問題で、きっちり段階を追ってレベルを上げていくので、テキスト作りの丁寧さが際立っていると感じました。色々なテキストを見ましたが、同じことばかりを繰り返していたり、全部計算問題しかなかったり、段階を上げるハードルがやたら高かったりと、流れとテキスト作りのポリシーが見えないテキストは良くないと思います。浜学園のテキストは、子どもの間違いやすい部分もよくわかっていると思いました。「このポイントを学んでほしい」というビジョンが見えるところが素晴らしいと思いました。

■国語
テキストの表紙をめくると前書きがあって、その前書きが秀逸でした。次のテキストが楽しみで、いつも号泣しながら読んでいました。子どもにももちろん読んであげました。それを読むと、人生を考えさせられます。是非親に読んでもらいたい文章です。読まないともったいないと思います。中学受験本番直前は、子ども達向けのメッセージで、「これまでがんばってきたことだろうけど、最後は支えてくれた人に感謝しなさい」という内容があって泣けてきました。
また、文章素材の出し方がよかったです。前後が知りたくなって、小説を何冊買ったことでしょう。子どもは読む暇がないので、私が読んで教えていました。そういう意味でも質が高かったと思います。
国語のテキストの良し悪しの判断は簡単です。最初から答えを見ていいので、親が読んでみて、どの部分を問うているのかを見たらいいと思います。最初に親がしっかり見てみるべきだとも思います。

■理科
理科は隅から隅まで出題されるところが載っていました。隅々まで大事で無駄がありません。うちでは全て覚え冴えました。復習テストにも、入試にも出るので、子どもにはテキストは舐めるように覚えなさいと伝えていました。娘は虫が大嫌いで、テキストの虫が載っているところを付箋で全て隠していたことがありました。「女の子だからってそんなことでは心で負けているわ!」と随分怒って無理やり覚えさせました(苦笑)。私も虫は嫌いなので、嫌な気持ちはわかるんですけどね。

■社会
社会のテキストは、「平和が大切」「いい社会にしていこう」「よりよい大人になろう」というような方向に向かっていました。浜学園としてのポリシーが反映されていたように思いますし、子どもが考えられるようにうまくできていると思いました。無味乾燥な地理や年号だけを追っていく歴史の勉強ではなく、問題を作った人や先生方の心情などがテキストから伝わってきてよかったです。「戦争反対!」「環境を守れ!」と声高に叫ぶわけではないけれども、じわっとくるようなテキストです。このように滲み出るものが子ども達に与える影響は大きいと思いますし、授業でもそういう風に感じられるように行われていると伝わってきました。子どもも影響されていくと思うので、親も興味を持って読むべきだと思います。

中学受験・実力テストは駿台・浜学園:資料請求/問い合わせはこちらから

ーーー佐藤 亮子氏(佐藤ママ)ーーー

佐藤ママ

長男、次男、三男は灘中学に、
長女は洛南中学に中学受験で合格。
その後、3男1女全員が東大理科三類に合格。
中学受験では、4人全員を浜学園に10年間通わせたことから、
現在は浜学園、駿台・浜学園のアドバイザーを務める。
その育児法や教育に注目が集まり、
執筆や全国での講演、テレビ出演など引く手数多。