【中学受験】中学受験の疑問にお答え!左利き、一人っ子、早生れ

Examination of Junior High school

【子どもの成長と中学受験の関係】

子どもは一人ひとり個性があるのが当たり前、
音楽が得意な子ども、運動神経がいい子ども、
本を読むのが好きな子ども、のんびりした性格や
競争が好きな性格など、いろいろな子どもがいます。
それは理解していても、いざ中学受験を検討するとなると、
どうしてもわが子の発達などが気になってしまうのも仕方のないものです。
今回は、よくある質問3つに解答します。

【左利きの子ども。右利きに矯正は必要ですか?】

結論から言うと、矯正は必要ありません

左利きは、およそ10人に1人いると言われています。
最近では、左利きは矯正されることが少なく、
左利き用の道具も多く販売されるようになり、不便を感じることも少なくなっています。

しかし、子どもが実際に左利きなのにも関わらず、
お箸や鉛筆、クレヨンを右手で持つように教えてしまう親がいます。
その結果、ペンや箸は右で使い、道具は左で使うというような、
不均等な利き腕になってしまいます。
それを後から矯正しようとすると、子どもに大きなストレスを与えてしまうことになりかねません。

このような事態を防ぐために、赤ちゃんの頃、
「ものを握る、持つ」「食事のスプーンを握る」といったような初期の段階で、
右でも左でもいいので、「利き手」を決め、
子どもが使う手をそちらに揃えてあげることが大切です。
「文字を書く」という段階は、比較的成長が進んでいるので、
その時点で矯正しようとすると、大きなストレスを伴います。
子どもが使いやすい手で、なるべく早く鍛錬するというのが大切です。

【長男長女、一人っ子の社会性はどう育てたらいいでしょうか?】

兄弟がいる子どもに比べて、同年代の交流が少なくなりがちな一人目の子どもや一人っ子。
自分の世界観を持ち、自分で考えたり工夫して遊ぶのが得意など、
たくさんのいいところがある反面、
親は、子ども同士の関係が少ないと、
社会性が育たないのでは、と不安になってしまうこともあるようです。

同年代の子どもと触れ合うことは、確かに社会性を育てる上で大切です。
地域の児童館や公園、習い事などを通して、
親が積極的に機会を作ってあげましょう。

なかには、「おもちゃの譲り合い」を経験したことがなく、
お友達とケンカになってしまったり、手が出てしまう子どももいます。
ただ、このような衝突も社会性を形成する一つの経験。
子どもを無理やりお友達から遠ざけてしまうのではなく、
見守りながら、衝突の解決方法について声を掛けていきましょう。
そのうちに、譲り方も譲られ方も上手くなっていきます。
(自分の子どもが譲らなかった場合など、
相手の保護者には、一声掛けておくなど礼儀は必要です。)

【早生まれの子どもは、小学校で不利ですか?】

4月2日生まれの子どもと3月31日生まれの子どもとでは、
ほぼ1年の差が出てしまう、生まれ月の問題。
1日、1ヶ月ごとに大きく発達を遂げる幼児期では、
月齢の違いによって、能力の差は必ず出てくるものです。
これは、「学年」が設けられている日本の教育制度では仕方のないことです。

では、この生まれ月の差は、いつ頃消えていくものでしょうか?
学術的には、だいたい小学校3年生ごろ、つまり9歳ごろに消えるものと言われています。
9歳ごろといえば、子どもの自我も出来上がってくる頃です。
この頃になると、月齢の差ではなく個性の差が大きくなるということでしょう。

小学校受験を考えている場合は、早生まれの子どもの場合、
月齢による差が残っているのは仕方のないことです。
月齢による傾斜配点を設定している学校を選ぶなど、
月齢の差はあまり気にしすぎずにトライしてみてください。
逆に、中学受験であれば月齢の差は関係なくなっているということなので、
フラットなスタートラインに立てるということでもあります。

子どもたちの個性を否定することなく、
何が一番ベストなのかを子どもをしっかり観察しながら、
親子二人三脚でできることを探っていきましょう。