【中学受験 受験勉強】低学年までに算数の文章題を得意にする方法

Examination of Junior High school

【親子で取り組む家庭学習で算数を得意に!】

低学年までの間、家庭学習といっても、
子どもに任せっぱなしにするには心もとないし、
親がつきっきりになってしまうのも心配・・・
どのようなバランスで家庭学習をするか悩む親は多いものです。

こちらの記事では、「算数の文章題を得意にする」ということに
焦点を当てて、家庭で親子で実践していただきたいことを紹介します。
低学年までに、勉強方法のコツを身につけるだけで、
高学年になってからの本格的な中学受験勉強がよりよいものとなります。

【文章題を読みながら、並行して数値/数式化する】

最初のポイントは、文章題を読みながら、
計算してわかることは計算しておくということです。
家庭で、親と勉強する幼児〜3年生までの時期は、
一緒に問題に取り組みながら勉強するのが楽しい時期とも言えます。
この時期は、一緒に文章題を読み、解き方を身につけるとてもいいチャンスです。
問題文を読みながら、子供がどんどん計算を進め、
文章を「数値/数式化」できるように、親が問いかけてあげてください。

例えば、小学校1年生の問題であれば、
どんな数が出てきて、どんな方法(足し算or引き算)で答えを
導けば良いかということを明確にしましょう。

中学受験の最難関と呼ばれるような私立中学の入試問題でも、
「数値/数式化」のテクニックを使うことで解ける問題が出題されています。
「数値/数式化」は、算数難題の一つの攻略法でもあるのです。

低学年は一人で数量化するということは難しいので、
親が声掛けをしながらスムーズに数量化ができるようになることと、
それが習慣になるように演習することが大切です。

【文章題を読み言葉で考える】

「すなわち・要するに」という言葉で解答できるよう、
常に頭の中で問題を理解しようとする姿勢も大切なポイントです。
数値/数式化とは真逆にあるようですが、
図形の問題などでは、この「すなわち・要するに」が重要です。

算数の文章題は、国語で言う読解力はさほど必要ではありません。
文章題を解く際に大切なのは、表現力です。
図や言葉で問いを表現できることが、難問を解くカギと言ってもいいでしょう。
その最初の一歩が、言葉で表現することです。

親と一緒に勉強することで、この言葉で表現すことを実践しやすくなります。
「要するにどういうこと?」と、いつも問いかけてあげましょう。

例えば、出会い算なら、
「出会う」というのは要するにどういうこと?とか、
「追いつく」というのは要するにどういうこと?と、
常に問いかけていくことで、子どもの思考を深めましょう。

【ヒラメキを待つのはNG】

先に説明した「言葉で考える」のは図形問題でも使えます。
図形問題はヒラメキが必要だから、じっくり待つというのはNGです。
実際は、言葉で考えて手順を踏めば大丈夫な問題がほとんどです。
本当に一握りしか解けないような、ヒラメキが必要な超難問は、
中学受験の合否には関係しません。

例えば、相似の問題では、
三角形の辺の長さや、辺の比を求めるのが基本です。
1.出てくる辺の持ち主の三角形をはっきりさせる
2.その三角形と掃除の三角形を見つける
3.その相似な三角形との相似比を図の中に書き込む

この3つの手順を踏めば、どんな難しい問題でも解けます。
一見ややこしいと思っても、この手順を忠実に実践すればよく、
ヒラメキが必要なものではありません。

解けないのは、数値/数式化や言葉で説明することをおろそかにして、
ヒラメキを待ってしまうからです。
基本の手順をしっかり押さえておけばいいだけです。

【日頃から本質を捉える家庭学習を心がけて】

小さい頃から、数値/数式化や言葉で考える勉強法を習慣にすれば、
高学年になってから一人で勉強する時間が増えても、
考え方のフレームワークがしっかりしているので、
スムーズに学習することができます。

低学年のうち、親と勉強する時間が多いときに、
本質をしっかり捉える勉強をさせてくださいね。
日頃から「要するに?」「すなわち?」という声かけを意識して、
学習習慣の向上に役立ててください。

駿台・浜学園の中学受験・実力テスト情報はこちらから

中学受験・実力テストは駿台・浜学園:資料請求/問い合わせはこちらから