【中学受験 親子の関わり】すぐに答えを教えて欲しがる子どもの対応

Examination of Junior High school

【すぐに教えてほしがる子ども…どう対応するのが正解?】

中学受験の家庭学習や宿題をしていて、わからないところがあるとすぐに、
親に解答を教えてほしがる子どもも多いもの。
すぐに解答を教えないまでも、どのくらいヒントを出すのか、
一緒に調べるのかなど、対応には迷うところですよね。
どう対応するのが子どもにとって一番いいのでしょうか?

【子どもが親に頼りたくなるのは当たり前…でも】

子どもは、どうしても身近な大人である親に頼りたくなってしまいます。
親も頼られると、すぐに解答やヒントを伝えてしまいたくなりますが、
そこは心を鬼にして、下記のどちらかをするように促しましょう。
・もう一度自分で問題を読んで考えさせる
・学校の先生や塾の講師に質問する時のように分からない部分がどこか説明させる

依存心は実力発揮の足枷に

確かに初めて授業で習った単元の宿題や、難しい問題を解いている時は、
子どもの実力ではどうすることもできなくなってしまうこともあります。
低学年のうちは、親の力でも解けるものがほとんどなので、
親が教えたり、解説を見ながら一緒に考えてあげるという対応を取る家庭も多いと思います。
ただ、学年が上がるにつれて、
科目数も増え、問題の難易度も上がってきます。
親が一緒にやってあげるというのは限界がありますし、
依存心が強いまま高学年になってしまうと、
実力テストや中学受験本番など、頼れるのが自分だけという環境で、
実力を発揮できなくなる可能性が高くなってしまいます。

自分で考える習慣が自分を助ける

分からない問題に出会ったとしても、
自分で授業ノートや解説を見てから考える習慣、
つまり「自学自習」ができる子どもの方が、学力が高い傾向にあります。

授業などで教えてもらうとわかった気にはなるのですが、
いざ問題を解く際に分からなかったり、忘れてしまい、
点数につながらないという事態はもったいないことです。

復習テストは、習ってからすぐなので記憶に残っていても、
実力テストで自分の力を発揮するためには、
本当の意味で理解することが必要です。
自分で考えて正解にたどり着いた経験がその知識を定着させます。

【どのタイミングでも、自分で考えることを促しましょう】

子どもが「教えて」と言った時、すぐに教えるのではなく、
「授業ではどう教わったの?」とか、
「この問題のどこまではわかったの?」など、
しっかりと質問によって自分で考えるように促しましょう。

親の役割は、勉強を教えることではなく、
子どものスケジュール管理です。
授業ではどの単元をやっていて、きちんとノートを取れているのか、
宿題がどれくらいで、きちんとやっているか、提出しているのか、
復習テスト/実力テストのスケジュールや答え合わせができているかなど、
中学受験ではスケジュール管理でもたくさんのタスクがあります。
子どもが最初から自分で全てをやるのは難しいので、
そこは親の役割として、親子二人三脚で頑張りましょう。

駿台・浜学園の中学受験・実力テスト情報はこちらから

中学受験・実力テストは駿台・浜学園:資料請求/問い合わせはこちらから