【中学受験 家庭の過ごし方】効率のいい勉強方法や時間の使い方がわからない

Examination of Junior High school

【宿題に追われて追加の復習やテスト勉強ができないお悩み】

中学受験の塾に通い始め、通常授業に加え特別講義を受け始めたところ、
苦手な単元を勉強した日などは、家で宿題をするのがやっと。
家庭学習の様子を見ていると、解くスピードも遅く感じるし、
復習テストなど先の勉強に当てる時間がほとんど取れないというお悩みが増えます。
塾の授業についていけず、宿題も手一杯、復習テストは平均点を下回るという
悪いサイクルに入ってしまうと、親も困ってしまいますよね。
効率よく勉強している人はどんな工夫をしているのでしょうか。

【子ども一人で解けない問題もあるということを理解して】

まず覚えておいていただきたいことは、
難易度の高い問題が出た時に、いきなり子ども一人で解けることは滅多にないということです。
難問を扱う塾の授業では、様々な考え方や解き方が教えられます。
それらは、入試問題を長年にわたって研究する中で編み出された手法なので、
子どもが問題を見て、すぐにひらめいて正解することができるものではありません。
どんなに成績のいい子どもでも、なんの予備知識もない状態では、
宿題を一通り自力でやって、解説を読んで理解した上で、
間違い直しを終えるまでには、多くの時間を要するはずです。
大抵の場合、わからないところだらけで、
一通り終えることすらできない場合がほとんどでしょう。
難問が出てくるような特別講義を受けている場合、
子どもが授業で教わった解き方を忘れてしまっていて、
ゼロから自力で問題を解こうとしているという可能性も大いに考えられます。

解説や先生の板書を「まねる」

「学ぶ(まなぶ)」の語源が「まねぶ」であることはご存知ですよね。
難問の宿題の場合は特に、出された問題に対して、
授業で学んだことを家に帰ってまねしてみることに意義があります。
宿題をやる時に、授業のノートを見て、
授業そのものを思い出しながらやってみることがオススメです。
これは、答えを写しているというわけではありません。
先生が板書したことをまねしてみることで、
解き方の方法を理解しながら身につけていくということです。

繰り返し「まねる」

先生の板書や解き方を何度も何度もまねしてみましょう。
一度で分からなくても、何度もまねすることで、
より深く理解できるようになります。
「まねる」やり方を取り入れると、宿題を終わらせる時間も短くなってきます。
宿題が一通り終わってから、再度自分の力だけで解いてみるといいでしょう。
しっかりと自分で解けるか確認できますよね。

「先生の解き方をまねる」→「理解する」→「(自力で)解く」→「自分のものにする」 という流れこそ、最も効率のいい勉強法です。

全ての宿題を自力で一から解くことを勧めたり、
子どもが自力で解こうとしているのであれば、
まずは、授業ノートを見て、まねることから始めてみてください。

中学受験・実力テストは駿台・浜学園:資料請求/問い合わせはこちらから