【佐藤ママ流 中学受験】4人全員を同じ塾に通わせた理由5-説明会や講演会

Examination of Junior High school

【佐藤ママの塾選び!4人同じ塾に通わせた理由】

長男・次男・三男・長女と子ども4人全員を
東京大学理科三類に合格させたママとして有名な佐藤亮子氏。
「佐藤ママ」として、TV番組や講演などにも引っ張りだこ、
数々のメディアでもその経験や教育方法を公開されています。
圧倒的なリサーチ力と実行力、効率最優先のメソッド、
子どもへの愛情と伴走で子ども達を灘や東大理科三類への合格に導いた佐藤ママ。
ぜひそのメソッドを取り入れたいと考えられる家庭も多いのではないでしょうか。

駿台・浜学園のアドバイザーをしている佐藤ママが、
子ども4人全員を「進学教室 浜学園」に通わせた理由をインタビューしました。
全6回でお届けします。

佐藤ママ
中学受験塾選びも徹底的なリサーチを

【決めた理由の一つは「説明会に全参加!塾のリアルを掴む」】

浜学園の説明会や講演会には参加されましたか?

うちの子どもが通っていた頃はまだ講演会はありませんでしたが、
説明会は4人分とも全て参加しました。
先生の話を聞くと気合も入りますし、情報も大切です。
ただ、配られた紙をもらえればいいというものではなく、
実際に参加すると雰囲気や熱気も感じられて、
ものすごくモチベーションアップして帰ってくることができます。

最近では、どうしても来られない親のために、
WEB説明会があったりするそうですが、
臨場感が違うので、私はできる限り足を運ぶことをオススメします。

情報だけ得ればOKという考えは大間違いです。
やはりそこに足を運ぶことで、いろいろな掲示物を見たり、
塾の雰囲気や先生のおっしゃっていることを肌で感じないといけません。
そこから自覚が生まれてきますから。
手を抜いてしまうと、手を抜いた分しかリターンはないと思います。

うちの子どもも授業を大切にしていました。
高熱が出て学校を休んでも、どうしてもと塾に行きたがり、
そこまで言うのならと、送って行きましたが、
結局後で救急車を呼ぶことになったときもありました。
とにかく浜学園を気に入っていました。
ライバルが気になるということではなく、
自分が楽しく、授業を受けたかったからなんです。
知りたくて知りたくて仕方ない好奇心を押さえられないという感じがしました。

今は、休むとWEB講義が受けられますが、当時はありませんでした。
子どもたちは這ってでも行くつもりで、
運動会や修学旅行の後でも必ず塾に行っていました。
先生のことも大好きでしたね。
当時、WEB講義があったとしても、
先生に会いに直接授業を受けに行きたがったと思います。

ゲームや携帯など、関わるものが多いと情熱が消えるように感じます。
便利すぎるとリアルさを感じられなくて、
なんとしてもやり切らなければという気持ちも消えます。
中学校受験塾の説明会や講演会だけでなく、
実際の中学校の学校説明会も同じ、やはり実際に行ったほうがいいと思います。

中学受験・実力テストは駿台・浜学園:資料請求/問い合わせはこちらから

ーーー佐藤 亮子氏(佐藤ママ)ーーー

佐藤ママ

長男、次男、三男は灘中学に、
長女は洛南中学に中学受験で合格。
その後、3男1女全員が東大理科三類に合格。
中学受験では、4人全員を浜学園に10年間通わせたことから、
現在は浜学園、駿台・浜学園のアドバイザーを務める。
その育児法や教育に注目が集まり、
執筆や全国での講演、テレビ出演など引く手数多。