【先輩 インタビュー】中学校の生活と勉強

Examination of Junior High school

【中学受験を突破した先輩はどんな中学校生活を送っているのでしょうか】

中学受験を乗り越えて、志望する中学校に合格後には、
どんな生活が待っているのでしょうか。
今回は、関西の名門東大寺学園の先輩から、中学の勉強と部活の両立のアドバイスをもらいました。
駿台中学部 進路アドバイザーからのメッセージもあわせて、日々の勉強に取り入れてみてください。

【東大寺学園中学校に通う先輩からのメッセージ】

集中力とメリハリを

僕は中1から中3の引退までの期間、ほぼ毎日クラブがありました。
特に冬休みは大変で、とても寒いので体調を崩さないようによく寝ることを心掛けました。
なので、帰宅してあまり学習時間が取れませんでした。

長期休みの後の学校のテストの結果が悪くなるのが嫌だったので、
あらゆる隙間の時間を利用して勉強を行っていました。
中学受験後すぐに、中1や中2から塾に通って、
夏期講習や冬季講習でみっちり勉強している友達に差をつけられないために、
勉強量よりも質で勝負することに決めました。
クラブから帰宅してからはスマホを触らず、
最低1時間でもいいのえ集中して勉強してから寝ました。
すると、テストでは成績を落とすことはありませんでした。

クラブで忙しい人は、量より質と決めて勉強しましょう。
逆に、長期休暇に比較的時間的余裕があり、
塾に通っている人ほど、学習方法には注意が必要かもしれません。
クラブで忙しい人は、クラブ自体が生活のメリハリになるので、
意識すれば効率よく勉強できますが、
時間に余裕がある人は、ダラダラしてしまいがちです。
いずれの場合も、しっかりと集中しメリハリをつけて勉強することが大切だと思います。

【駿台中学部 進路アドバイザーからのメッセージ】

教科バランスの重要性

中学受験のみならず、中学校生活においても、
教科ごとに「得意」「苦手」と色々な感想が出てくると思います。
それぞれの強化で学習する内容は全く違うので、
それに対して興味が湧きやすいかどうかということもあります。
また、学習を習得するために必要となる力も違います。

数学のように数字や図形について論理立てて考える教科が好きな人もいれば、
英語で単語や文法をコツコツ暗記して、規則的に使いこなすような勉強が好きな人もいます。
教科との相性というのはもちろんあるので、ある意味仕方のないこととも言えます。

しかし「苦手」な教科をそのまま弱点にしておかないことは、
その先にある大学受験にとって、必要不可欠なことです。
「できない」「面白くない」という気持ちのせいで、
その教科に向き合うのが苦痛で、学習時間も減り、
ついには諦めて放置するという傾向があります。
これを数年積み重ねてしまうとどうなるか…は、簡単に想像できますよね。
本格的に大学受験勉強する段階で、教科間での大きな成績の開きになってしまいます。

ご存知の通り、難関国立大学受験には、国語・数学・英語・理科・社会という
5教科の全てが必要です。
合否は、5教科の総合点だけで判断されますが、
どの教科も難易度の高い問題に向き合うことができ、
かつ高学力層の中で合格を勝ち取っていけるだけの力が必要です。
当たり前のことですが、この段階で1教科でもそのレベルに達していない教科があると、
大きなハンデを背負って大学受験に挑まなくてはいけません。
大学受験期に、慌ててこの遅れを取り戻そうとしても、
大学受験の範囲は膨大です。
積み残したものを取り返すには、かなりの時間が必要となります。
大切な大学受験期に、各教科のレベルアップの実践演習に時間を割くべきところ、
苦手教科の基礎固めに時間を取られてしまうというのは、
大変大きなビハインドだということがお分かりいただけると思います。

「苦手」は思い込み!?

「苦手の芽」は早いうちに摘み取っておくことが必要です。
ここで客観的な視点を加えてみてください。
もしかすると、子どもが「苦手」というのは単なる思い込みかもしれません。

実際に生徒を見ていると、苦手だと思っていた教科に対して、
鍛錬を積んだ結果、得意教科になったという話はいくらでもあります。
小学校の時に苦手だと思っていた社会が、
成長することで捉え方が変わり得意教科になることもあります。
まずは、まっすぐにその教科に向き合うことからのスタートです。

まさにこれを読んだ今日から、苦手かもしれないと思うその教科の教科書を
真っ先に開くことから始めてみましょう。

出典:駿台中学部

中学受験・実力テストは駿台・浜学園:資料請求/問い合わせはこちらから