【中学受験 受験勉強】子どもの字が汚くて読めない

Examination of Junior High school

【子どもの字が汚いのはどうすればいい?】

子どものノートを見たり、返却されてきたテストを見たときに、
子どもの字が汚くてびっくりしてしまったという親は少なくありません。
字が汚いと、テストの採点にも関わってくるという話も聞き、
丁寧に書かせてみようとするものの、そうするととても時間がかかる…
宿題を予定時間に終わらせることも、
テストを時間内に終わらせることも難しくなってしまって困るという悩みも寄せられます。
どの程度まで、字を丁寧に書くことを子どもに求めるのがいいのでしょうか。

【字のきれいさよりも一画の丁寧さを】

字がきれいに書けるのはとてもいいことですよね。
お手紙を書いた時など、字のきれいさが印象を左右することも事実です。
一方で、小学生の勉強ということにフォーカスすると、
字を丁寧に書くことに集中しすぎて授業の内容を聞き漏らしたり、
宿題で覚えなければいけないことがあるのに時間が足りないなんてことになってしまうと、
本末転倒ですよね。

ではどうすればいいのかを解説します。

【字を覚えるときは一画ごとに丁寧に書く】

ひらがなやカタカナはもちろん、漢字は今後もたくさん覚えなければいけません。
新しく覚えなければならない漢字は、一画ごとに丁寧に時間をかけて書くように伝えましょう。
最初に丁寧に書く癖をつけておくと、覚えた後も慣れてきて、
多少書くスピードを急いだとしても、丁寧に書けることが多いです。

【字を丁寧に書く時間(内容)を決める】

たとえば、四文字熟語など、いくつかの言葉を覚える必要がある時、
一文字でもいい加減に書いてしまうと、いい加減なまま覚えてしまうということはよくあります。
そのままテストでも間違ってしまって、
「本当は分かっているのに…」と、悔しい思いをした記憶は誰にでもありますよね。
そんな悔しい思いを子どもにさせないために、
まずは覚える言葉をしっかり見て、丁寧に書き写すことから始めましょう。
間違いなく書けていることを確認してから、徐々にスピードをあげさせるといいでしょう。

【自分の名前を丁寧に書く】

何よりも大切なことは、自分の名前を丁寧に書くことを心掛けることです。
中学受験の答案用紙で自己主張が唯一できるのは、
氏名欄に書いた自分の名前のみです。
しっかりとアピールできるようにしておきましょう。

【中学受験本番でしっかり読んでもらえる字を目指して】

子どもの字が汚すぎる場合は気になりますが、
字を美しく書くことにこだわりすぎるのではなく、
「読みやすく分かりやすい」ということを目指しましょう。
習字のお手本のように、誰が見ても美しい文字ではなく、
テストでしっかりと回答を読んでもらえるのは、
雑に書かかず、回答をしっかりと伝えようとしていることが伝わってくる文字です。
子どもにもそこをしっかりと説明して、
ある程度のスピードで丁寧に書けることを目指しましょう。

中学受験・実力テストは駿台・浜学園:資料請求/問い合わせはこちらから