【中学受験 勉強方法】秋に低学年の国語力を伸ばす方法

Examination of Junior High school

【低学年の国語力を秋に伸ばす方法とは】

低学年の子どもは、机に座って学習する習慣を作ることが一つの目標です。
秋頃には、自分から勉強に取り組めるようになっているのが望ましいです。
その目標を目指すために具体的にどうすればいいのでしょうか。
今回は国語に焦点を当てて解説します。

【秋は小学生にとってどんな時期?】

秋は、運動会や遠足、音楽会など学校行事も多く、
中には秋休みがある学校もあります。
この時期は体力的にも厳しいので、あまりプレッシャーを与えすぎると、
自己否定感を持ってしまったり、
高学年でやる気を維持することが難しくなってしまったりしかねません。

夏期講習などで、成績が芳しくなさそうだから、
2学期が始まったらしっかり頑張らせなくては、と、
漢字ドリルや暗記系ドリルを詰め込みすぎて、
勉強が嫌になってしまう子どももいます。

【量より質を意識して】

国語の対策としては、質を大切にポイントを絞って勉強させることです。
何枚もドリルやプリントをやらせるのではなく、
「今日はこの一枚のプリントを、きれいな字で書いてみよう」など、
親子で約束事を決めて、それだけは守るように声を掛けてください。

学校行事の練習などで負担がかかっている様子が見えたら、
勉強量は普段の8割程度の目標で設定しましょう。
できない、できないと毎日積み重ねるよりも、
余裕ができた時に多めに勉強するようにした方が効率的です。

【低学年ですでに国語が嫌い!?】

低学年で苦手意識を持っていても大丈夫です。
些細なところを褒めるということを忘れず、
丁寧にフォローしてあげましょう。
低学年のうちは、弱点を子ども本人が見つけるのは難しいです。
親が復習テストや普段の勉強の間違いを見て、
いつも漢字を間違っているなとか、説明文を読み取れないなとか、
物語文はどうも好きではなさそうなど、親が弱点を見つけてあげましょう。

【秋だからできること】

最近の子どもは、「旬」のものを知らないことが増えているようです。
野菜や果物を見ると、ハウス栽培で年中流通していますし、
春夏秋冬の行事を省略する家庭も増えているからです。
このようなことは、詩や短歌、俳句といった単元の大切な素養となるので、
知っているのと知らないのでは大きな違いが出てきてしまいます。
秋は、収穫物や行事などを感じやすい季節です。
読解力や語彙力の強化につながると意識して、
低学年のうちから食卓にのぼるものを話題にしたり、
ニュースで見たら詳しく説明をしてあげるなど、
機会を逃さず丁寧に教えてあげるようにしましょう。

【秋(2学期)はどの学年にとっても大切な時期】

最後に、秋はどの教科でも重要な単元を教えてもらう時期です。
ただ、2学期は長いので子どもも中だるみしてしまいがちです。
9月にはモチベーション高くできていたことが、
10月末や11月にはモチベーションが少し下がり、
学習週間もおざなりなってしまっていることもよくあります。
子どもがダラダラしているなと思ったら、
親も少し気が抜けてしまっている証拠かもしれません。
親が気を引き締めて、毎日やっていたルーティンができているかなど、
伴走してあげるようにしましょう。

2学期はその学年の中核の時期です。
上手く子どもを乗せてあげて、楽しく実りある秋にしてくださいね。

中学受験・実力テストは駿台・浜学園:資料請求/問い合わせはこちらから