【中学受験 受験勉強】低学年が肝心!算数の式はしっかり書く

【式を書かなくても正解できると高をくくって式を書かないのはNG】

算数の文章問題を解くときに式を全く書かない子どもがいます。
低学年の場合は、暗算でも答えを書けるものも多いからです。
正解するとなかなか注意もできず、
不安に思う親も多いのではないでしょうか。
このような勉強方法、果たして大丈夫なのでしょうか。

【一つひとつの式には意味があることを理解する】

学校でも塾でも、算数の文章題では必ず「式」を書いて答えを出すように指導されます。
一つひとつの式には意味があり、子どもが書いた式によって、
どの辺りまで理解できているかが分かります。

ただ、高学年になって難易度の高い入試問題を解く段階になってくると、
ある程度の計算は頭の中で処理しつつ解き進めていく力も必要になります。
どこまで頭の中で処理するかは個人差もありますが、
6年生になって入試問題を実践的に解くようになるまでは、
途中の式や考え方などは書いておくべきでしょう。
3年生以下の低学年であれば、なおさらその必要があります。

【反復によって式を書くことを身につける】

式や線分図、表など、しっかりと文章を整理して書くことを反復して練習しましょう。
だんだんと、問題を読んだだけで頭の中で図や式をイメージすることができるようになります。
この反復練習を積み重ねていくことで、
中学受験を進めるための確かな土台が出来上がっていきます。

一方、算数の苦手な子どもによく見られる傾向として、
問題をよく読まず、文章の中から数字だけを拾って、
感覚だけを頼りに無理やり計算を進めてしまうことがあります。
この場合は、本人が自分で作った式の意味をよく理解できていないので、
「式を書く」ということが意味のない作業となってしまっています。
これでは、いくら式を書いたところで何も習得していないのと同様です。

問題を正しく理解した上で式を書いているかどうかを見極めるためには、
どうしてその式になったのかを、子どもに確認することが一番いい方法です。
その式にした理由をスラスラ言えるのであれば心配は必要ありませんが、
式の意味がうまく説明できない場合は、
その意味がしっかりと理解できて説明できるようになるまで
繰り返し同じ問題を解く必要があります。
テキストの解説がしっかりと納得できるまで、時間をかけて問題を解いてみてください。
しっかりと理解できたら、何も見ずにもう一度一人で式を書かせてみましょう。
遠回りのように見えますが、この勉強法こそ王道、
算数の実力をつける一番の近道となります。

千里の道も一歩から、コツコツ積み重ねて算数力をアップしましょう。

中学受験・実力テストは駿台・浜学園:資料請求/問い合わせはこちらから