【中学受験 受験勉強】色とりどりのペンは必要?不要?

Examination of Junior High school

【カラフルなペンやかわいい消しゴムなど中学受験勉強には必要?】

女子に多い傾向ですが、買い物に行ったり、
テストでいい点を取ったご褒美などで、
カラフルなペンや色々な形の消しゴムなどの文房具を集める子どもがいます。
学校や塾に行く時もポーチのようにかなり大きな筆箱に20本以上ペンが入っていたり、
運ぶだけでもとても重そうですよね…
中学受験勉強ではこのように多種多様な文房具は必要でしょうか?

子どもから「テストでがんばったからペンを買って!」など、
笑顔でせがまれるとついつい買ってしまう親もいるかもしれません。
様々なペンを使ってカラフルなノートを作り、
周りの友達に自慢している子どももよく見かけます。

確かに、多種多様な文房具が売っているので、
子供心に欲しくなる気持ちもわかります。
ただ、色とりどりのノートを見ると、一見楽しそうできれいですが、
中学受験勉強として、どこが大切なポイントなのかは分かりづらく、
その後復習する時に本人も困ってしまうことが目に浮かびます。

また、ノートを取っている最中にも、
「次はどのペンを使おうかな」と、ペンのことを考えていては、
先生が話している大切なポイントを聞き逃してしまいます。

がんばって勉強するわが子を見て、
ペンくらい買ってあげてもいいかなという親心もよく分かりますが、
学校や塾で授業を受ける時は、たくさんのペンは不要です。

【中学受験勉強で必要なペンは3色+鉛筆5本!】

駿台・浜学園の講師が授業で使用するチョークは、
白・黄色・赤・青・緑の五色です。
基本は白で、ポイントとなるところを黄色や赤で書きます。
青や緑は、主に絵図で色分けした方が分かりやすい場合のみ使用します。

生徒には、先生が白で書くところは黒(鉛筆)、
黄色や赤で書くところは赤ペン、
青や緑で書くところは青ペンや緑ペンで書くように指導しているそうです。

3色ボールペンや4色以上のボールペンがあるので、それでもいいのですが、
軸が太くてしっかりと握りにくいので、
小さな文字を書く練習をする必要がある低学年には不向きです。

筆箱の中には、シンプルに、
鉛筆5本、赤ペン、青ペン、消しゴムひとつで十分です!

中学受験・実力テストは駿台・浜学園:資料請求/問い合わせはこちらから