【中学受験 親子の関わり】親に甘え過ぎる子ども、どう対応する?

Examination of Junior High school

【甘えん坊な子どもとの接し方】

低学年の子どもは特に、まだまだ親に甘えたい時期です。
親がそばにいないと、何もできないという子どももいるでしょう。
勉強や宿題も、親が横に座って一緒に取り組まないとやらない場合などは、
いつ頃から一人で勉強をするようになるのか、心配になってしまいますよね。

【中学受験の肝は「子どもの自律」】

5年生になっても、親が横にいないと勉強できない子どももいれば、
1年生で親と距離を置きたがり、親の目が届くところでは全く勉強しないという子どももいます。
子どもの性格は千差万別なので、いつ頃から一人で勉強したらいいという決まりはありません。

しかし、中学受験の勉強も、中学入試も大切なのは「自分の意思でやること」です。
試験本番は、自分一人で戦わなければいけません。
中学校の教室に入って、試験官が「はじめ!」と言ってから、
回答用紙に受験番号と名前を記入し、問題全体をざっと目を通し、
どの問題から解いていくのかを見定め、自分の持てる力をぶつけて問題を解き、
そして解答用紙に回答を書き込み、終わったら見直しをする…
当然と言えば当然なのですが、これを小学校6年生の受験生が自分一人でやらないと、
合格を勝ち取れないのが、中学校受験です。

入試で実力や底力を発揮できるのは、
常日頃から自分でスケジュールを立て、ノルマを自らに課し、
今日は何をすべきかを考えながら学習を進めている子どもです。
努力を無駄にしないためにも、なるべく早い時期に自分でできるようにしていくことが大切です。

最近では、幼児のうちから様々な知育や学習を始めている子どもも増えています。
幼児教育は、親や先生から与えられたものをこなしていく、受身の学習です。
幼児期の学習は、新しい知識をどんどん吸収していくことに重点を置くため、
受身の学習であることは当然のことです。

一方で、小学生になってもいつまでも受身の姿勢でいてしまうと、
誰かに指示してもらわなければできない子どもになってしまいます。
問題を解く時には、まず自分の力で挑戦するようにさせたり、
つたないながらも、スケジュールを立てさせてみたり、
今日の勉強をどうするのかを自分で決めるように促してください。

そういった意味では、毎日の家のお手伝いも大切です。
自分の食べた食器は自分で下げるとか、自分の部屋は自分で掃除するなど、
家のことをやることによって、学習の姿勢を変える一助となるはずです。

突き放すのではなく、見守りながら、
一歩ずつ、子どもが自分で考えて行動できるようにしていきましょう。

中学受験 駿台・浜学園への資料請求/問い合わせはこちらから