【ゼロから学ぶ中学受験】小学校6年生ってこんな時期!

【子どもの成長を理解して、中学受験に備えよう】

小学校1年生からの6年間、子どもはどんな体や気持ちの成長を迎えるのか?
学年ごとに細かく成長をみることで、その時々で親が気を付けた方がいいことがわかります。

今回は小学校6年生にフォーカスして、
子どもの成長と生活面、勉強面で気を付けたいことをご紹介します。
小学校6年間の集大成であるだけではなく、中学受験を決めている家庭にとっては
ここまでの子どもの努力が実るかどうかの一番大切な一年間になります。
これまでの6年間で様々な面で成長を遂げてきた子どもが
無事に小学校を卒業し、希望する将来に進めるよう、
どんなポイントに気を付けて生活すればよいか、ぜひ参考にしてみてください。

【小学校6年生って、どんな時期?】

小学校6年生は、体つきが大人にだいぶ近づいてきて、身長や体重が急速に増える時期です。
運動機能などはほぼ大人と同じ程度に身につき、感情や仕草、表情も大人っぽくなってきます。
見た目が気になり、男女共におしゃれにも興味が出てくる時期です。

小学校6年生ともなると自分の身近な周囲の世界だけではなく、
地域、国、世界と、もっと広い視野を持ち、いろんなことへの関心を持つようになります。
推理力や判断力も大人と同等に持つようになり、表現力も豊かになります。
親からすると、同世代の友人と話しているような感覚にもなりますが、
そんな親子間の会話を楽しめるようになるといいでしょう。

規律を守ろうという意識が芽生えた5年生からさらに成長し、
必要であればルールを変えてみるなど、
自分自身の頭で柔軟に考えられるようになる良い面もあります。

【小学校6年生の生活面:どんなことに気を付ければいい?】

小学校6年生の成長のポイントは「責任」と「自覚」を持つことに尽きます。
行動にきちんと自覚を持てるようになるか、その行動が起こす結果にも責任を持てるか、
をきちんと考え、必要とされる場合には、親がその壁打ち相手になる必要があります。

子どもが自分自身の行動に責任と自覚を持てるように、様々な選択肢を用意すること、
時には選択肢自体を子ども自身の手で探しに行かせることはとても大切です。

小学校6年生は子ども自身の性格がかなり確立される時期なので、
ベストな親との距離感はそれぞれです。
子どもがアドバイスを必要とした時には、親がきちんと自分の意見として伝えられるように、
困ったときには手を差し伸べられる距離に親がいてくれることで、子どもの精神は安定します。
無理に突き放すのではなく、
子どもの期待にはきちんと応えられる距離で子どもの成長を見守りましょう。

【小学校6年生の勉強面:どんなことをすればいい?】

勉強面においても「責任」と「自覚」を持つことが大切になる小学校6年生の時期。
中学受験においては勝負の1年間になります。
6年生のスタート時期にいかに中学受験を「自分のこと」としてとらえられているかで、
受験に対する集中力に格段の差が出てきます。
志望校という目標も明確になっていく中で、受験の対策も様々です。
基本や反復的な学習をきちんとこなしながら、知的好奇心だけではなく、
根気や忍耐力をつけるトレーニングも必要になってきます。

5年生の時にチューニングしていたスケジュールや勉強習慣を確立させ、
安定した環境下で目標に向かってぐっと勉強のアクセルを
踏み込めるようにできるとよいでしょう。
自宅での勉強の集中力を高めるために、家族がテレビを見すぎない、
兄弟がうるさい環境を作らないなどの最低限の努力は必要となります。
※この時に下の子をおとなしくさせるためにゲームを与えすぎると、
その子が成長したときにゲーム依存になる可能性があるので、
親が注意しながら環境を整えていきましょう。

駿台・浜学園お茶の水教室の宮川先生に、小学校6年生の勉強について聞きました。

小学校6年生の通塾において気を付けなければいけないことはどんなことでしょうか?

宮川(敬称略):小学校6年生になると、平日の通塾に加え2週間に1度の日曜特訓も入ってくるので、合計週に4~5回通塾することになります。塾で習ったことをできるだけ早く(当日か翌日までに)復習し、翌週の復習テストまでに理解・記憶しておきましょう。塾と自宅での学習をきちんと連携させることが大切です。

志望校合格に向けた勉強方法はどんなことがあるでしょうか?

宮川:基本的には志望校の過去問を解きながら、学校ごとの傾向を掴んでおくことが必要です。過去問はやればやるほどその学校の傾向がわかってきます。たとえば、ある学校では物語文に対して記述で答えるものが多く、またある学校ではその教育理念により反戦のテーマや詩についての出題が多いなど、その形式面や内容面における傾向に慣れるためにも過去問が重要になってきます。志望校の過去問は深く触れておくべきですが、文章には流行があるので、新しいものであれば、志望校以外の過去問も有用です。そのとき、国語では文章読解力、解答記述力だけではなく設問読解力(作問者が何を問い、どう答えさせたいかを読み解く力)を鍛える必要があります。

小学校6年生の勉強をサポートするためにはどんなことが必要でしょうか?

宮川:体力が大人並みになっているとはいえ、中学受験をする6年生の生活はかなりのハードスケジュールになります。健康管理も中学受験突破の重要な鍵となるので、健康な生活を崩さぬよう親子共々メリハリのある生活を心がけましょう。目標に向かって頑張る子どもの努力を無駄にしないために、勉強に集中できるような環境を整えるサポートを親が積極的にしていきましょう。

ーーーー宮川先生 Profileーーーーー

日本語の機微に通じる宮川先生。中学受験が終わる頃には、この先生に学んでよかったと思うこと間違いなし。

所属:駿台・浜学園
経歴:中学受験国語の指導一筋の大ベテラン!
   現在も高学年を中心に受験で勝つ国語を熱血指導。
中学受験生一言:艱難汝も玉にす!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【学校生活も勉強も、悔いのない最後の一年間に】

小学校という、人間として最も成長する6年間の終わりとなる6年生。
加えて、中学受験という高い目標に向けて勉強にまい進する時期にもなります。
責任と自覚から様々なプレッシャーを背負う11歳から12歳の子どもたち。
小学校卒業時に悔いのないような日々を過ごせるよう、
そして何より小学校最後の一年間を楽しく生き生きと過ごせるよう、
親も楽しみながらサポートしていきましょう。

中学受験 駿台・浜学園への資料請求/問い合わせはこちらから

【ゼロから学ぶ中学受験】小学校1年生ってこんな時期!
【ゼロから学ぶ中学受験】小学校2年生ってこんな時期!
【ゼロから学ぶ中学受験】小学校3年生ってこんな時期!
【ゼロから学ぶ中学受験】小学校4年生ってこんな時期!
【ゼロから学ぶ中学受験】小学校5年生ってこんな時期!